製薬会社の営業経験者が転職する時に評価されることとは

友人の息子さんは、転職することを決め、今のところに勤めながら転職活動をしているそうです。

精神的に参ってしまい、体調を崩されては困ると友人も思ったようで、息子さんの意思を尊重するそうです。

MRの経験者が転職する際に評価されることは何があるのでしょう。

・どんな点が評価される?

製薬会社の営業経験者は、転職活動の際に評価されるポイントを知り、アピールすると良いでしょう。

どんな点が評価されるのかというと、大きな製薬会社で勤めていた場合、教育がしっかり行き届いているのでMRとしての専門的な知識を持っていること、プレゼン能力があること、リサーチ力も優れていることです。

・優れた傾聴力があるはず

製薬会社の営業で、医師や薬剤師に情報提供をする仕事がありますが、情報提供だけでは成果につながらず、イライラすることもあったでしょう。

医師たちと接点を増やしていく中で、相手のニーズを聞き、理解する力は鍛えられていると思います。

人よりも優れた傾聴力があるはずですから、自信を持っていきましょう。

・製薬会社の営業はどこでも役立つ?

製薬会社の営業であるMRを経験したのであれば、どの業界の営業にも役立つことがあるはずです。

ですから自信を持って転職活動を行うようにしましょう。

これだけのことをやってきた、ということがアピールできれば、きっといい転職ができるはずです。

転職するというと、「根気がない」「どこに行っても同じだ」と言われることもあったでしょうが、いつかきっと認めてくれる人が現れると信じましょう。