製薬会社の営業経験がある人はどんなところに転職するの?

製薬会社の営業を経験していた友人の息子さんは、現在もやりたいことを探しており、転職活動中です。

MRは専門職でもあるので、他の製薬会社に転職しようと考えている人も多いようです。

製薬会社で営業職だった人は、どんなところへ転職するのでしょう。

・別の製薬会社のMRへ

今までの会社の雰囲気が全く良くなく、不快な思いしかしていないという場合だと、別の製薬会社のMRへ転職する人がいます。

MRの仕事そのものは好きで、続けていきたいと考えている人は、別の製薬会社のMRへ転職すると良いでしょう。

別の会社のMRになるなら、経験者としての実績がないと難しいかもしれません。

未経験者よりも内定が取りにくいと言われているのです。

・薬剤師や臨床開発モニターへ

製薬会社の営業をしていた人の中には、薬剤師の資格を持っている人も多いと言われています。

薬剤師を目指していたけれど、内定がもらえずMRになったという人もいるのです。

MRとして薬剤師と接していたことが、何らかのプラスになることでしょう。

・医療機器メーカーへ

製薬会社での営業経験を活かし、医療機器メーカーの営業へと転職する人も多いと言われています。

医師や薬剤師など病院関係者と接することで、医療関係の知識もあるため即戦力として期待されることもあるようです。

製薬会社の営業は、営業職の中でも厳しい仕事であると知られており、製薬会社の営業経験がある人は、他の業界からも引く手あまただと言われています。

≪関連LINK≫⇒仕事の満足度ランキング1位はMR「患者の今後を左右する仕事」 業種別ではコンサルが1位